TS3 三国志 #9 波乱のホームパーティー

前回参照で、荀勖のバンドのフロントマンの座を乗っ取った司馬炎、弟と飲み明かしていたせいで、お昼近くまで爆睡していた。そこへやってきたのは。

王元姫「炎、起きなさい。もうお昼ですわ」

実は「生涯の報酬」の嫉妬しない特典を使うことで恋愛関係トラブルが減少したため(報酬ポイントはチートで入手)、司馬昭の屋敷には奥方の王元姫がやってきていたのだった。当初の予定ではボーイッシュ系にするつもりが、このワールドでは貴重な女子キャラ、つい自分好みの童顔にしてしまった。

司馬炎(ふぁー、眠い……。母上がいらしたのは喜ばしいが、正直、おられぬほうが気楽であった)

宮殿前にはすっかり雪の積もった獅子舞ベースがまたしても放置されていた。なぜかこの獅子舞だけ、持ち運べない仕様なのだろうか。傍らでは昨日の雪だるまが溶けかけていたが、一方では孫晧が残った雪でかまくらを作り始めている。

司馬炎(かまくらを作るのに正装してくるとは。やるな)

謎の対抗意識を燃やして冕冠を被り、かまくら作りを手伝い始める司馬炎。

司馬炎は職業「無職」で暇があるため、この日一日主人公にしてバンドのライブのオファーが来ないか待ってみたが、来なかった。実はこのゲームで一度もライブに成功したことがなく、どういう条件で発生するのかわからない。ヘルプに載っている施設も揃っているはずなのだが。もっともまだ結成二日目なので、素直に待つことに。

その翌日。司馬昭一家に「贈り物パーティーを開く」という願望が出ていたので、ライブを待つ間、ホームパーティーを開いてみることにした。

司馬攸「1時間半後の9時開始としよう」

メールで皆を招待。今回は人数制限解除MODを入れていなかったので、適当に友人知人を選ぶ。

パーティー専用の贈り物スペースを居間にセッティング。招待客もそれぞれ贈り物を持参し、交換しあうのだ。椅子取り合戦になるのが常だが、この部屋には元々椅子もかなりあるので、普段のまま使うことにした。ドレスコードもカジュアルで、気楽なパーティーを目指す。

部屋全体の写真を撮ろうとしたら、何やら映り込む人影が……?

なんと、開始時間の30分以上も前からやってきた羊祜だった。いつもは遅刻するくせに。

王元姫「ところで、宴の料理はどうするのです?」
司馬攸「開始までの間に作ろうと思っておりましたが、まさか、斯様に早く客人が来るとは」
王元姫「時間にルーズな者とは、つまり予定より遅いとは限らぬもの。それにそもそも、そなたのスキルで客人に出す料理が作れますか?」

この二人は引っ越してきたばかりだし、司馬昭と司馬炎も外食ばかりしていて、司馬一家の料理スキルは全員0だったのだ。

司馬攸「……宅配ピザを注文いたしましょう」
王元姫「待ちなさい、良い考えがあります」

王元姫(必殺・ビュッフェテーブルを設置しましたわ☆)

ちょっと入口近くに置きすぎて、ドアが開くと表示が突き抜けてしまったが。以前(夢の中で)設置しただけで料理を出し忘れて失敗したビュッフェテーブルだが、今回は忘れずにセットし、これで安心。と思ったところへ司馬師と陳泰が到着した。二人とも宮殿内のご近所住まいなので、素早く来られるようだ。

続々とやってきたのは、鍾会、張華、歩闡……なんだか招待していない人も交じっているが、まあいい。

やや遠い区画に住んでいる杜預高陸公主の夫妻は少し遅れるも、お菓子持参で到着という気の利きようである。人数制限のため、やむを得ず杜預を招待から省いたような気がするのだが、夫人と一緒に来てくれたようだ。背後の人はNPCの郵便屋さん。

皆が持参したプレゼントが山のように積み上がっていく。

司馬炎「よし、皆揃ったな。贈り物交換をはじめるぞ♡」

司馬炎のかけ声で、皆が和気藹々と座席に着く。この場面でよく座席の取り合いになるのだが、今回、ルーティング改善MODを入れてみた効果なのかどうか、かなりスムーズに進行した。

まずは司馬攸が立ち上がり、プレゼントを開封。金魚鉢を引き当てた。

次いで司馬炎がプレゼントを覗き込む。この兄弟、お客様そっちのけだが、主催者から開くのがSims流なんだろうか。

と、ここでまさかの事件が発生。

ピンポーン。

突然やってきた、強面のNPC。

司馬炎「誰だ、そなたは? 招待した覚えはないぞ」
NPC「支払い滞納のため、財産を差し押さえる!」
司馬炎「!??」

なんと、取り立て屋だった。ワールド屈指の資産家たる司馬一家、資金は有り余っているというのに、うかつにも税金(?)の支払いを忘れていたのだ!

一同、騒然と立ちあがる。

杜預(なんたることだ!)
歩闡(うわあ! うちも支払いを忘れている!)
陳泰(取り立て屋とは!)
高陸公主(まあ、みっともない!)
羊祜(アハハ、元凱殿のあの顔!)

皆のフキダシが、取り立て屋の話題一色に!……約一名、マイペースな人もいるが。

取り立て屋は悠然と奥へ進むと、押収物吸い取り機(?)を取り出した。この謎のマシンで、滞納分に見合う家具を差し押さえられるのである。皆、恐れをなして逃げ出してしまい、最早パーティーどころではない。

幸か不幸か、居間の奥の置物と、その横のテーブルランプ一つが差し押さえられたに留まった。

司馬攸(うかつにも、皆の前で家具を押収されるとは……とんだ恥をかいたものだ……)

そんなわけで、まさかのハプニングにより、贈り物交換は中止に。

帰ってしまったのかと思った客人たちの一部は、隣の部屋に逃げ込んだらしく、気づけば杜預と鍾会が囲碁の対局で火花を散らしていた。あれ? 居間に集まってもらおうと、この部屋には鍵をかけておいたはずなのに? よく見ればもう一つ入口があったのだった……。

司馬炎「何ゆえこの朕が税金などを払わねばならぬのだ……ともかく早急に灯りを買い直さねば、格好がつかぬ」

まだ居間で落ち込んでいた司馬炎のスマホに、着信が入る。

司馬炎(!! まさか、ついに我がバンドへのライブの依頼であろうか!)

意気込んで電話に出てみると。

茂先 張のパーティーに安世は招待されており、あと1時間(木曜日の13:00)で始まります!

司馬炎(茂先からの招待だと? しかも一時間後? 先ほどここに来ていたというのに、いつの間に……)

とはいえ自宅のパーティーは失敗して暇なので、招待を受けることにした司馬炎、宮殿内の雪道を走って張華の屋敷へ。

屋敷の前では張華の愛馬が出迎えてくれた。

司馬炎(リボンに三つ編みとは……気取った馬だな)

中へ入ると、鍾会や高陸公主、荀勖など、司馬家のパーティーから呆れて帰ったらしきメンバーと、その他には陳騫と陸抗が来ていた。

司馬炎「ところで、茂先はどうした?」

……なんとそのころ張華は、寝室で爆睡していた!

主催者が途中で寝てしまうことはよくあるが、最初から寝ていたのはさすがに初めてだ!

その後、張華を無理やり起こし、庭でセッション。獅子舞を放置してきた張華が普通のベースを持っているあたり、やはりそこはかとなくバグ疑惑が。荀勖はよほど太鼓が嫌だったのか、勝手に琵琶に戻っているし。

鍾会の姿が見えないと思ったら、皆が出払ったのを見計らったかのように、こっそり鸚鵡と遊んでいた。

夜になり、司馬炎が帰宅した頃には家族は寝室へ引き上げてしまい、居間では残っていた歩闡が酔いつぶれていた。招待してもいないのにやってきて、最後まで居座った挙げ句にこれとは、実に肝の据わった男である。

そんなわけで、荀勖あらため司馬炎率いる素人バンド、未だライブには成功していないのだった……。

>> Next