TS3 三国志 #5 丁奉が泥棒を倒す、他

宮殿の中に配置されている「用心棒」たちの服装を衛兵っぽくしてみた。本来は、セレブ専用ゾーンなどのドア前ゲートのガードマンなのだが、チートでドアがないところに配置されているらしい。

宮の外にも警備を増やしてみた。こちらはドアの前なので、ゲームシステム上もちゃんとガードマンとして機能する。ぞろぞろと衛兵の皆さんが出勤してくる光景。

こうした町のNPCは、名前はランダム横文字名のまま、管理しやすいように役職を入れてみた。

着々と町の住民を増やし中。町の端の池沿いにあるのは、王濬の家。

適当に選んだのだが、なんと家の中にプールが。

翌日のぞいてみると、なにやら風呂上がりのような格好で佇んでいる。折角のプールだからと、泳がせてみようとしたが……

服を隠されたショックでそれどころじゃありません

「服を隠されたショックでそれどころじゃありません」

……一体、王濬の身に何が起きたのだろうか。結局、謎のままに終わった。

大通り沿い、諸葛靚の家の斜め向かいには丁奉が越してきた。

小雨の中、野良猫とふれあう丁奉の馬。

その晩、丁奉が寝ていると……

あやしい効果音とともに、玄関から入ってきた不審人物が。そう、泥棒である!

だが、気配に気付いた丁奉は、プレイヤーがコマンド指示を出すまでもなく起きてくると、悠々と泥棒に歩み寄った。

丁奉「曲者め。気付かぬとでも思ったか!」
泥棒(ま……まずい空気だぞ)

ボコボコボコボコ(砂埃)
丁奉「思い知ったか! この俺の屋敷に押し入ろうなど、百年早いぞ!」
泥棒「ひぇーッ!」

警察を呼ぶまでもなく、自ら曲者を殴り倒す丁奉。泥棒は命からがら逃げ出した。

このころ、孫晧は屋敷に御犬様の部屋を設けた。そのうち、もう一匹お迎えする予定。

ついに冕冠を発見したので、孫晧と司馬炎のフォーマルに設定してみる。帝の数ではないが気にしてはいけない。そもそも誰が帝なのか微妙に謎なままである。

杜預は奥さんの高陸公主とともに新居にお引越。寝間着姿で、奥さんの作ってくれた朝食を食べる。

杜預「うむ、これで執筆も捗ろうというものだ」
高陸「ワッフル冷めますよ」

うーん、もうちょっと風雅な料理はないものか……。

ともあれ、これで司馬氏と家系図がつながって、

杜預から見て司馬昭たちは「義理の兄弟」という表示になった。

杜預の独立により一人暮らしになった羊祜は、畑のある家に三度目の引越である。

羊祜「畑の手入れなどするのも楽しそうではないか。馬に食われぬといいのだが」

町に出ると陸抗に会ったので、飲みに誘い出してみた。

本日は酒の代わりに水煙草(?)を吸って、やけにハイテンション☆ よーこさん、それ何かダメなやつなんじゃ……。しかし閉店時間になってしまい、灯りが消えて追い出されました。

あまり仲のよくない司馬昭司馬炎父子だが、のぞいてみると、宮にあるサウナでくつろいでいた。

司馬炎「父上、そのアヒルちゃんはどうなさったのです。似合わぬようですが」
司馬昭「貰い物だ。無碍にもできまい」(存外に愛らしいではないか。だがこれしきで嬉しそうにしては父の威厳に関わろう……U・x・U)

そんな司馬昭は政治家の仕事に励む一方、陳泰その他の愛人とりまきとデートの日々を送っていた。

なぜか、誰もいないのに屏風の陰に隠れるようにして話し込む二人。

良い感じのムードになって、星を見ようと外に出たとき、タイミング悪くスマホが鳴った。

司馬昭「歩仲思からメールだ。少々待ってくれ」

歩闡とはいつの間にか知り合いになっていたらしく、そういえば、ここへ来る前にパーティーの誘いを受け取っていたのだ。その催促らしかったが、マップを見てみると歩闡は自宅には不在で、訪ねることができない。どうしろと?

陳泰「よろしいのですか、宴に顔を出さずとも」
司馬昭「先方が留守なのだ。やむを得ぬ」(やむを得なくなさそうな顔で)

もう勝手にドタキャンして、陳泰と星を見ていました……。

夜、帰宅して寝ていたら、歩闡から嫌味っぽい連絡がきていた。

でも家にいなかったのはそっちじゃないか!

>> Next